スポンサーサイト

  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


【blogランキング】 お役に立ったらクリックお願いします。

自動車保険が安くなる!

ガソリン代も気になりますが、最近テレビのCMや雑誌等の各種メディアで宣伝されている自動車保険の見直しで、保険料が本当に安くなる事をご存知でしょうか?

既に何年も同じ自動車保険に加入している人や、新車購入で自動車保険に新たに加入される人、その動機はいろいろだと思いますが、安い保険料でシッカリ補償が受けられる、そんな自動車保険が、保険会社各社から数多く販売されています。

でも、自動車保険なんてどこもたいして変わらないんじゃないかとか、実際たいして安くならないんじゃないか等とお思いの方も多いはず・・・。

いやいや、そんなことはありません。
実際、見積りをとってみると、保険会社別に思わぬ値段の開きがあることに、アナタも驚かされるはず。そして、もしアナタが保険料が安くなる条件に合っている方であれば、今お支払いの保険料より安い費用で、同等の安心と補償を得られるはずです。

試しに「価格.com自動車保険」で、アナタの条件を選択するだけの保険料比較をやってみてください。
操作は簡単☆2ステップで、アナタの年齢やご利用タイプにあわせた保険会社選びと保険料の比較がご確認いただけます。

自動車保険だって「安いほうがいいに決まっている!」というあなた。

【価格.com 自動車保険】の一括見積りサービスがお役に立ちます!


今アナタが加入されている自動車保険と比べて見て下さい!!
ひょっとして、これまでの保険料より1万円以上も安くなったりしてませんか?
そんな、アナタは”保険見直し”のポイントにバッチリ当てはまる方です。

保険料をこれまでより安く、肝心の賠償も十分でき、アナタやアナタの家族への補償もしっかりしてくれる、賢い「自動車保険の見直し」をやってみませんか?

【blogランキング】 お役に立ったらクリックお願いします。

自動車保険料を安くするコツ

つい数年前まで自動車保険なんて、どこの保険会社で加入しても大差なく、保険料は統一されていました。しかし”保険の自由化”に伴い、外資系から生保や新規参入と現在では各保険会社間で激しい競争が行われているようです。

そんな熾烈な保険市場の中にあって、保険会社各社は特色・特徴のある魅力的な保険商品の開発に努められています。保険料の改正や、新しい割引き制度の導入、他社には無い特約の追加・改訂など、自動車保険は日々進化していると言えます。

だからこそ、自動車保険の見直しは毎年保険更新時期にはやっておくことが、まず第一の自動車保険を安くするコツだと言えるでしょう。

自動車保険一括見積り請求で500円ギフトカードレゼントをGET!

インズウェブの自動車保険一括見積りは、最大20社にまとめてお見積り請求!


さて、そんな自動車保険なんですが、保険会社各社共通で絶対安くなる6つのポイントというのがあるのをご存知でしょうか?

■各保険会社共通 安くなる6つのポイント
年齢が30歳以上である
 年齢が30歳以上だと、保険料に直結している年齢区分が一番割安になります。
保険加入10年で事故がない
 保険加入10年で事故がない場合、等級が最上級クラスで割安になります。
安全装置がついている
 安全装置が充実しているクルマの場合、事故にあう危険度が下がるため割安になります。
ドライバーは家族だけ
 運転者を家族限定にすることで、上記同様割安になります。
年間走行距離が5000km未満
 走行距離が少ないと当然事故にあう危険度が下がるため割安になります。
週末ドライバーである
 週末ドライバーなら、更に危険度が下がるため割安になります。

この6つのポイントに当てはまるほど自動車保険料はより安くなります。しかも、このポイントは各保険会社共通で保険料が安くなります。
しかし、各社共通のこの6つのポイントなんですが、同一の条件であっても実際の保険料は、保険会社によって安くなったりするものなんです。

見積りやサービスを徹底比較してあなたの希望にピッタリの自動車保険を選べます。

『保険イロイロ.com』は、最大11社一括見積り!もちろん【無料】


さらに自動車保険が安くなるポイントはこれだけではありません!!
前述の通り、各保険会社それぞれで新しい割引制度や他社に無い特約が開発され、上記の6つのポイント以外にも安くなるポイントがまだまだあるんです。

■更に自動車保険が安くなるポイント
・ 年齢が35歳以上である
最近では年齢区分として「35歳以上」を設けている保険会社があり保険料も割安になります。
・ ゴールド免許である
優良ドライバーの証しである「ゴールド免許」で保険料が割安になります。
・ 16等級以上である
ノンフリート16等級以上だと最大60%OFF(20等級)。優良ドライバーは保険料もお得になります。
・ 新車を購入したばかりである
新車だと無条件で割引きが受けられます。(車検登録3年未満のクルマでも新車割引が適用されます。)
・ 盗難防止装置が装着されている
盗難防止装置装着の車両に割引きを適用してくれる保険会社もあります。
・ エコカーである
環境に優しいエコカーの場合、割引してくれます。直接危険度には関係ないですが、保険会社の姿勢が窺える割引制度です。
・ 運転者を個人に限定できる
家族割引を更に進化させ運転者限定にすることで保険料が抑えられます。

上記のようなポイントは、保険料見直しの重要なポイントになります。
これらのポイントに該当したら迷わず自動車保険の見積りを取ることをおすすめします!!
しかも、出来るだけ多くの保険会社から見積もりを取得することで、最もアナタに適した自動車保険が見つけられます。

自動車保険を「安くしたい!&見直したい!」。だから保険料を徹底比較!!


【blogランキング】 お役に立ったらクリックお願いします。

見積り前のポイント整理

自動車保険の保険料を安くしたいということで、とかく見積り価格ばかり目が行きがちですが、肝心の補償が不十分では話になりません。そこで、見積り前にこれだけは押さえておきたいポイントを記述しておきます。

NTTイフなら主要8社の自動車保険の見積りがたった10秒でオンライン比較。
NTTイフ
NTTイフでの自動車保険ご契約者に充実した契約者サービスをご提供!

■対人賠償(おすすめ保険金額:無制限)
対人賠償保険は、乗車中の人や歩行者など他人を死傷させた場合に支払われる保険です。自賠責である程度カバーしてくれますが、どうしても不足しがち。無制限でなくても1億とか2億といった賠償額もありますが、月額で数百円の差でしかありません。こんなところでケチっても誰も幸せにはならないし、基本的に対人賠償は「無制限」にしておくべきです。

■対物賠償(おすすめ保険金額:500万円)
対物賠償保険は、相手のクルマだけでなく、標識やガードレール等を壊してしまった場合もこれで補償してくれます。ちなみに、標識・ガードレール等でも数百万円もする場合がありますし、踏切事故等場合によっては1000万円でも済まないケースもあります。基本は500万円での設定で、心配性の方なら「無制限」という選択もアリだと思います。アナタの周辺環境を考慮して保険金額を設定するようにしましょう。

■搭乗者障害(おすすめ保険金額:1000万円)
搭乗者障害保険は、保険をかけたクルマに搭乗している人(ドライバー本人を含めた搭乗者)のケガを補償する保険です。相手方との過失に関係なく保険金が支払われます。人身障害保険と補償が重なる部分もあり、保険会社によっては搭乗者障害保険が自動付帯となっている場合もあります。人身障害保険は、実際にこうむった損害、治療費などを補償してくれるものですが、この搭乗者障害保険は、あらかじめ決められた支払内容に従って保険金が支払われます。

■人身障害(基本保険金額:3000万円)
人身傷害保険は、契約車両だけでなく契約車両以外に乗車中、更に歩行中でも補償してくれる保険です。事故で負ったケガなどの治療費を全額支払ってくれます。搭乗者障害保険と比べて補償が重なる部分もありますが、補償の範囲が広い分、安心感もあり、どちらかを選ぶなら人身傷害保険をおすすめします。また、保険会社によっては人身傷害保険が自動付帯となっている場合もありますので注意してください。

■無保険者障害(基本保険金額:20000万円)
無保険者傷害保険は、当て逃げされたり、相手が保険に入っていない場合に支払われる保険です。対人無制限に自動付帯で2億円が設定されます。注意点として、この保険は死亡か後遺障害を負った場合のみ保険金が支払われます。ちなみに、普通車の5台に1台・バイクにいたっては10台中6台は、保険に入っていないクルマだそうです。結局、”自分の身は自分で守る”必要になるわけです。

■自損事故(基本保険金額:1500万円)
自損事故保険は、自損事故(相手がいなく壁や電柱にぶつかった等)により死傷してしまった場合に支払われる保険です。自損事故保険は、対人賠償保険に自動付帯されます。受け取れる保険金は最高で1500万円。尚、自損事故保険は、人身傷害保険と補償内容が重なるため、人身傷害保険を付帯すれば取り外しOKという保険会社もあるようです。

■車両保険(購入3年未満なら付帯)
車両保険は、自分のクルマと自分を守るための保険です。事故はもちろん盗難や火災・台風などの災害による被害をカバーしてくれます。保険金額は自動車の車種や年式に応じて、あらかじめ保険会社が設定し、補償範囲や保険内容は自分で選択するこができます。車両保険の保険料は高くなりますが、新車なら付帯しても損はありません。単独事故のみ補償しないエコノミータイプなら、保険料を安く抑えられかなり割安です。

自動車保険の見積りは、この7つのポイントをしっかり押さえて、不幸にして実際に事故にあった場合、後悔しない保険選びをしてください。

そう、”まさかの時”の自動車保険なんですから。

国内最大18社から見積もりできる、選べるかしこい自動車保険!!

AEON保険マーケットは、ただいまお得なキャンペーン実施中!!

【blogランキング】 お役に立ったらクリックお願いします。

一番安い自動車保険は?

「一番安い自動車保険はどれか?」自動車保険の見直しをしようと思う人にとっては最も気になるところではないでしょうか?
自動車保険の保険料は、希望とする補償の内容や、運転をする人の年齢や運転歴、お乗りになっているクルマの車種などによって、その条件が人それぞれで異なってしまう為、具体的にこの保険会社の自動車保険が最も安いとは簡単にはいえません。

しかし、どなたでも相対的に安く加入できる保険会社なら、ある程度は解るんではないかと思います。前述(「自動車保険が安くなる」の記事 )で、ご紹介した「価格.com自動車保険」に掲載されている、年齢と運転タイプでの自動車保険比較例の保険料一覧を作ってみました。(掲載されている各ケースの具体的な条件については、「価格.com自動車保険」のサイトにてご確認下さい。)

自動車保険だって「安いほうがいいに決まっている!」というあなた。

【価格.com 自動車保険】の一括見積りサービスがお役に立ちます!

あいおいアクサアメリカンホームセコムゼネラリソニー損保チューリッヒ日本興亜三井ダイレクト
20代Aさん65,81029,26043,57038,56035,86041,96041,14044,37031,310
Bさん157,540140,320219,670120,92096,230137,770144,690127,790109,740
Cさん110,83066,88091,54072,99083,22075,90071,01087,91062,620
Dさん129,93077,11070,24090,45082,76094,65086,060110,00077,150
30代Eさん70,38047,52051,57052,17047,16056,46051,99065,48050,140
Fさん77,14064,11066,07052,83045,60067,87058,36063,88048,350
Gさん113,17071,71089,59072,93071,89077,73081,23081,48069,440
Hさん93,54047,02064,02057,34064,99064,65079,66061,650
40代Iさん72,20045,80050,52052,95059,41065,29048,07070,88047,620
Jさん92,48051,00063,22068,73073,03072,85059,28093,38063,110
Kさん65,26057,86067,69049,18043,53066,85050,60064,40043,200
50代Mさん86,76060,94078,19070,38073,76081,32068,99094,21065,160
Nさん83,18051,04071,88061,16064,78068,48052,44081,63059,990
Oさん145,650124,400158,020115,05093,340134,350127,320140,16064,950
※安い保険料の上位3つの背景色を(最安)と(2位/3位)で表しています。

この表が、安い自動車保険の保険会社選びの参考になるかと思います。各ケース毎に保険会社によっては、若干の条件の違いもありますし、一概にこの一覧表だけで判断されても困りますが、自動車保険の保険料を安く抑える事ができる保険会社の判断基準にはなるかと思います。

自動車保険はまだまだ安くなります!簡単に数万円の節約ができてしまうかも?!
三井ダイレクト損害保険
三井ダイレクトならネットで簡単!契約後も便利!しかも最大【4,500円割引】

お時間に余裕が無く、じっくりと比較検討する暇が無いという方であれば、迷わず三井ダイレクトアクサダイレクトのいずれかで、十分割安感を感じられる自動車保険がお選びになれると思います。また即加入したいけど、折角だから2・3見積もってみようとお考えなら、ゼネラリかやチューリッヒ・アメリカンホームダイレクト等の通販系保険会社から見積もりをとってみるといいと思います。

F1日本グランプリ観戦ペアチケットが当たる!サマーキャンペーン実施中!

アクサならリアルタイムで正確な保険料を算出。さらにネット見積で最大3,500円割引!

【blogランキング】 お役に立ったらクリックお願いします。

通販系自動車保険について

さてココでは、前述(一番安い自動車保険は?)でオススメした通販系の自動車保険について簡単に説明しておきたいと思います。

まず、自動車保険を販売する保険会社には2つのタイプがあるんです。
一つは、代理店を経由して契約をする大手の損害保険会社で、東京海上日動や三井住友海上などの昔からある保険会社です。そして、もうひとつが通販系と呼ばれる直接保険会社と契約できる保険会社です。前述の三井ダイレクトアクサダイレクトなど保険自由化以降に参入してきた保険会社がこちらのタイプになります。

自動車保険はまだまだ安くなります!簡単に数万円の節約ができてしまうかも?!
三井ダイレクト損害保険
三井ダイレクトならネットで簡単!契約後も便利!しかも最大【4,500円割引】

■通販系の自動車保険が安いワケ
そして、前述(一番安い自動車保険は?)の表をみていただいても解るように、はっきり申し上げて通販系の保険会社の方が代理店タイプの保険会社より保険料が安くなる傾向にあります。自動車保険の保険料は、保険金支払いに当てられる「純保険料」と,保険会社の人件費や諸経費などの各種費用、代理店への手数料などにあたる部分の「付加保険料」に分けることができます。通販系の保険会社が大手損害保険会社より安い保険料で済むのは、代理店への手数料支払いの必要が無く、人件費などの諸経費を抑えることで、この「付加保険料」を低く抑えて実現されています。

また通販系の保険会社の特徴として、優良ドライバーと呼ばれる事故率の低い人への割引きが、大手損害保険会社より優遇される傾向にあります。保険金支払いの可能性が低い優良ドライバーが集まることで、より安い保険料を実現させているわけです。逆に通販系の保険会社では、事故を起こしやすいすドライバーは保険料が高くなったり、保険に加入できない場合もあります。

■通販系でも支払いは大丈夫?
さて、そんな通販系の自動車保険ですが、肝心の支払いの方は大丈夫なんでしょうか?最近、何かと世間を騒がせている保険金未払い問題について見てみると、三井住友海上に損保ジャパンといった大手損害保険会社での不祥事が相次いで発覚し、業務停止命令などの金融庁からの処分も発表されています。通販系でもソニー損保も未払いが発生していますし、生命保険業界でも明治安田生命保険金不払い事件など、保険業界全体が抱える体質的な問題なのかもしれません。
このような結果だけを見てみると大手系の損害保険会社は、保険金支払いが怪しそうだなとも思えますが、ソニー損保も起こしていることから考えると、結局、「通販系で大丈夫か?」の回答にはなっていませんが、「通販系だから危ない!」ということではなさそうなことだけは言えそうです。ただ、少なからず保険業界全体の過度な競争状態が、このような不祥事を発生させる土壌を作り出しているのかもしれません。



【blogランキング】 お役に立ったらクリックお願いします。



賢く節約!くるまマル得メンテナンス
賢く節約!くるまマル得メンテナンス

くるまのメンテナンス―短時間でパーフェクト
くるまのメンテナンス―短時間でパーフェクト


[PR] キャッシング比較ならココ!あるじゃん!  byリクルート
[PR] クレジットカード比較ならココ!あるじゃんnet! byリクルート
search this site.
コンテンツ

▼燃費を考えた運転法 (8)


▼燃費アップ メンテナンス (6)


▼ガソリン代節約法 (6)


▼駐車違反取締対策 (4)


▼自動車保険の見直し (7)

お薦め!燃費向上グッズ
「ロケットパワーにんじん君」禁断のガソリン代を安くする秘密兵器(節約向けページ)

燃費最大40%向上を実現!国際特許製品クリーンパワーマグ
航空券




モバイル
当サイトはモバイルアクセス可能です。お手元の携帯電話でバーコードを読み取るか、下記の【メールでURL転送】をクリックして当サイトのURLを携帯電話に転送してアクセスして下さい。


【メールでURL転送】
相互リンク募集中
当サイトでは、相互リンクをしていただけるサイト様を募集しております。相互リンクをご希望のサイト様は、以下のリンクよりお申し込み下さい。

【相互リンクの申し込み】
[01] [02] [03] [04] [05] [06]
[07] [08] [09] [10] [11] [12]
[13] [14] [15] [16] [17] [18]
↑↑↑ 相互リンク集 ↑↑↑

お役立ちリンク
sponsored links